FX海外業者

国内適格機関「リミットインベステージ」が海外ファンドとして運用していた「TemeculaFXファンド」の資金を飛ばした模様。

【金融庁】虚偽の告知等を行った適格機関投資家等特例業務届出者の名称等について

株式会社Limit Investage 
・ファンドの出資勧誘に関して顧客に対し、事実と著しく相違する内容を表示した勧誘資料等により、虚偽の告知を行い、自己の経費等に費消するなどし、ファンドの出資金を毀損させた。
・無登録業者にファンド持分の取得勧誘を行わせていた。
(証券取引等監視委員会の検査により認められた)

http://www.fsa.go.jp/ordinary/chuui/tekikaku/01.pdf



【読売新聞】外国為替証拠金取引(FX取引)による資産運用をうたい、顧客に虚偽の説明をして資金を集めたとして、証券取引等監視委員会は26日、ファンド運用会社「リミットインベステージ」(東京)について、金融商品取引法に基づき、適切な措置を取るよう金融庁に連絡した。
 これを受け、同庁は同社に警告した。

 同社関係者によると、関連する海外の別のファンドを利用するなどして、少なくとも約900人から約100億円近くを集めた可能性があるという。監視委も同様の情報を把握しているとみられ、今後実態解明を進める。

 監視委によると、同社は今年5月頃までの約2年間に、FX取引で得た収益を分配するファンドへの出資を募集していたが、遅くとも昨年9月以降、出資金を FX取引とは無関係の経費に充てたり、複数の社外の関係者への営業報酬に流用したりしていた。出資者は30歳代など若い世代の男性が多く、延べ約200人 から数億円を集め、ほぼ消失した状態という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130626-00001663-yom-soci


【読売新聞】顧客に虚偽の説明をして資金を集めたとして金融庁から警告を受けた外国為替証拠金取引(FX取引)業者の「リミットインベステージ」(東京)が、フィリ ピンの会社が運営するとされるファンドへの出資を募る際に、一部の投資家に別の客への勧誘も担当させていたことがわかった。

 顧客を配下に多く抱えると高利が支払われる仕組みで、証券取引等監視委員会は、リミット社が「ネズミ講」のような仕組みで出資金を集めていたとみている。

 同社関係者などによると、同社は少なくとも約900人から100億円近くを集めた可能性があり、一部投資家を「ブローカー」と呼ぶ役職に就かせて、別の 客を配下に抱えさせていたという。ブローカーは少なくとも約140人で、監視委が虚偽の説明で出資を募ったと認定した国内ファンドの出資者約200人の中 にも、ブローカーが多く含まれるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130627-00000784-yom-soci



この件に関しましては、5月後半からウワサが流れており、現時点で数多くの情報が入手できています。
しかしながら情報が錯綜しており、何が本当なのかハッキリしていない段階です。

何か情報をお持ちでしたら、コメント欄もしくはorenical@gmail.comにご連絡いただけば幸いです。

limit


現段階で信用力の高い情報をまとめておきます。 (随時更新します)

・リミットインベステージが適格機関投資家として金融庁に登録した、国内向けのファンドである「Howdyファンド」に関しては、資金を飛ばしたという情報はありません。しかしながら、金融庁の監査が入っているため、資金の凍結が考えられます。これは自転車操業を防ぐためであり、適切な処理です。そのため、時間がかかっても「Howdyファンド」に投資した資金は回収できる可能性が高いと考えられます。

・資金回収を謳った法律事務所が「20~25%の成果報酬」で広告を出し始めていますが、「Howdyファンド」に関して弁護士に相談するのは時期尚早かもしれません。また、集団訴訟という形をとったほうが資金を回収しやすくなるため、個人で安易に法律事務所に話を持ち込むの行為は、非効率的だと思われます。

・リミットインベステージが海外で集めていた「TemeculaFXファンド」につきましては、集めた資金、約60億円の96%程ショートした模様です。しかしながら、これはポンジースキーム等による詐欺ではなく、純粋な投資の失敗だと思われます。
環境の問題なのか、優秀なトレーダーが囲えていない状況が長く続き、トレーダーによるリスク分散ができていなかったのが一番の原因だと思われます。

・金融庁に登録している業者が海外ファンドを国内住居者に紹介する行為は原則禁止されているため、リミットインベステージの適格機関投資家の資格は今後剥奪されると思われます。また、金融庁は海外ファンドについて何の責任も負っていません。

・「TemeculaFXファンド」がMLM的手法で資金を集めていたという点、「ブローカー」がSNS等の金融庁が禁止している集金手法を用いていたことが明らかになっていますが、国内法と過去の判例に準じて判断したところ、現時点での情報に基づくと、違法性はありません。
(金融庁の敷く禁止事項は法律ではないですし、MLMはグレーゾーンではあるものの違法ではありません)

・20%をショートした段階で出資者に報告を行なっていなかったという規約違反が指摘されていますが、ある時期からナンピン売買をしていた様子なので、意図せず短時間で一気に吹き飛んだ可能性もあります。また、一定の時期まではきちんと運用益が出ていた模様です。

・そもそもTemeculaファンドは、表向きリミットインベステージの名前を表に出さずに集めていた海外ファンド(金融庁の規制と制限が及ばない)なので、すぐに資金凍結ということにはならない可能性があります。
しかしながら、資金の大半をショートしている状況なので、配当遅延は確実に続きます。

・関係者の中には、「一旦ストップして出資者に説明して詫びた後に、運用側が手数料を貰わない再生ファンドを作りたい」という構想を持つ人もいるようですが、運用代表者は、ファンドをたたまず残された資金で挽回を図りたい模様で、非常に対立しています。実際に資金を動かす権限を持っているのは運用代表者なので、止める術がない状況です。

・以上のことから、今回の案件に関して裁判で争う事ができる点は
 1. 預かり元金の80%を下回ったら通知する約束を破ったこと
 2. 資金を集める際に虚偽の内容があったかどうか
という点になります。

・海外ファンドであっても、大半は「有限責任」として登録しているので、民事裁判を起こしても資金は殆ど回収できないと思われます。回収見込みや費用等を考えると、裁判沙汰にしたところでメリットはほとんどないと思われます。

・最高財務責任者が「運用代表者に騙された」と周囲に漏らしているようですが、最高財務責任者とは、本来ファンドマネージャーとしての責務も有しているため、彼を擁護するのは筋違いだと思われます。
また、運用代表者は以前から最高財務責任者の資金の集め方に疑問を持っていたようで、現時点で対立していると思われます。

・高い利率を誇る海外ファンドは確かに存在します。しかしながら、基本的にMLMのような仕組みは採用していませんし、最低入金金額は数千万以上のものが殆どです。中・低所得者に話が来ることはありません。金融資産の乏しい人間に人材と時間を割くことは非効率なため、当然と言えます。
よって、中間搾取の多いMLM的手法を採用している業者は避けたほうが無難です。

・海外ファンドへの投資は自己責任です。国内法は守ってくれません。
順法性があるか、金融規制に従っているか、カストディアンの確認をする等、最低限の知識を身につけましょう。

※今回の損失と関係があるかどうかは不明ですが、リミットインベステージが海外でとある事業を起こそうと動いていたたことが分かっています。何か情報をお持ちの方がいましたらご一報いただけると幸いです。



MLM手法を使って海外ファンドの資金を募っている人間は実に多く、中には某証券会社で講釈をしている人間が、ウラで行なっているものもあります。多くの場合、オフショアや特殊な金融サービスを用いて脱税を促す手法を提示しているため表には出にくいのですが、合計すると恐らく数千億の資金が流れていると思われます。

上手くいっているときは問題ないのですが、運用先に資金を飛ばされたところで自己責任です。
更に言えば、それまで出資者は脱税行為をしていたことになるので、民事での訴訟の際にはその点を開示することになります。税金に関しては年単位での徴収になるため、仮に今年資金を飛ばされたことが明らかになっても、前年の運用配当に対して脱税と認定され、追徴課税がかかる可能性もあります。


下手に行動する前に、まずは正確な情報の把握が一番だと思われます。

オーストラリア政府からオフショア邦人リストが日本国税に送られている模様。

【NHKニュース】国税庁は、カリブ海のケイマン諸島などタックスヘイブンと呼ばれる国や地域に財産を持つ日本人のリストを大量に入手し、脱税が疑われるケースなどがないか調査していくことを明らかにしました。

NHKN130602

この資料は、タックスヘイブンにある信託財産やペーパーカンパニーの所有者のリストで、資料を入手したオーストラリアの税務当局から日本に関係するとみられる部分にかぎって、先週、提供を受けたということです。  

国税庁のこれまでの分析では、シンガポールのほか、ケイマン諸島や英領バージン諸島、南太平洋のクック諸島に財産や会社を持っている日本人の氏名や住所が確認できたということです。

資料は大量にあり、今後、順次送られてくるということで、国税庁は詳しく分析して、脱税が疑われるケースなどがないか調査することにしています。

こうした情報を明らかにしたことについて、国税庁は「積極的に公表することで国際的な税逃れに断固として対抗する姿勢を見せるためだ」としています。 来年からは海外に5000万円を超える財産がある場合、税務署への申告を義務づける制度も始まることになっていて、国税庁は適正な申告を呼びかけています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130601/k10015004501000.html



更新が疎かでスミマセン。本業が忙しいんです…。おかげさまで順調に儲かっております…。


このニュースを見て

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

という方もいらっしゃいますでしょうが、慌てるのは時期尚早だと思われます。

まずそもそも、なぜ情報源がオーストラリア政府からなのでしょうか。
恐らくLiberty Reserve社の破綻が関係しています。

Liberty-Reserve

聞きなれない社名だと思われる方が大半だと思いますが…
Liberty Reserve社は国際的な送金に関連する企業であり、海外FX業者への送金手段としても一部で利用されてきました。

閉鎖に追いやられた理由としては『本人認証・住所確認認証等が極端に緩く、個人情報の窃盗や、クレジットカード詐欺、投資詐欺、麻薬取引、児童ポルノ業界・脱税・及びマネーロンダリングの温床として犯罪組織に広く使われている』という米国政府の認識から、同社のオーナーであるArthur Budovsky Belanchukが国際指名手配され、5月24日(金)にスペインで逮捕されたことが挙げられます。

Liberty Reserve社は、中央銀行が外国送金を制限しているマレーシア、パキスタン、アルゼンチン、ナイジェリア、ブラジル等においても支払手段を提供し、オーナーは米国及びコスタリカ政府から金融犯罪を指摘されていました。

具体的な国際送金のスキームとしては、各国に受け皿となる企業と法人銀行口座を作り、一法人として代理送金を行う方法や、地下送金網を使ったグレーな方法があり、いずれも送金者の名前が国に把握されないシステムになっていました。

そのため、Liberty Reserveの下請けをしていた各国の代理業者の口座が凍結されたのですが、オーストラリアの下請会社、Technocash Ltdの口座預金額が36.9百万ドルと多く、豪当局が各国と連携してLiberty Reserve利用者を洗い出している模様です。

NHKを始めとしたニュースではこの関連は報道されませんが、正直なところ今回のオフショア関連報道は、Liberty Reserveを利用したことのない方にはほとんど関係のない話になります。

逆に言えば、Liberty Reserveで多額の金額を送金したことのある方は覚悟をしておいたほうが良いと思われます。
確かに送金手数料は割安で便利なシステムでしたし、利用した事自体は犯罪ではありませんが…。。

Liberty-Reserve-money-laundering-shutterstock_116846692-617x416

AmazonやAppleやGoogle等、租税回避を目的としたクロスカントリースキームが話題になっていますが、このようなビックプレーヤーが用いるスキームは、いずれ埋められるものです。
各国が財政出動を行っている昨今、税収確保は命題になるため、今後もこのような租税回避に関連するビジネスにや法律に対して、厳しい目が向けられると思われます。

しかしながらOECD加盟国下にオフショアが存在するという事情からも分かるように本音と建前が存在する以上、現実として租税回避法が無くなることは考えられません。

正直、Liberty Reserveは利用するに値しない会社でした。
このようなサービスは、リスクをしっかり認識した上で賢く用いたいものです。

過去最高に脱税しやすいカードが登場

キプロスのFXブローカーの一つ、ironFXが興味深い動きを見せています。

新たにironFXカードなるデビットカード導入しました。

ironc

現状として、海外FX口座からの出金にはリスクが伴います。
そもそもFXブローカーが注文を呑んでいる場合、顧客が利益を上げて口座残高が増えたとしても、それは見せ掛けのお金にすぎません。なんだかんだ言って出金を渋り、顧客がトレードで損失を出すのを待つ業者まで存在します。

日本のブローカーを始め、インターバンク以下のスプレッドを提供するブローカーは多かれ少なかれ必ず注文を呑んでいますし、いつか顧客が資金を失うのを待っています。
そうすることにより、顧客の入金額が自社の利益になるからです。



ironFXはキプロスの業者なので、今回のキプロスショックの影響で資金ボリュームが急激に低下したと思われます。事実、オレ氏周辺の機関投資家の殆どは、IMFの監視下に置かれた段階で資金を他の国籍のブローカーに移しています。

現状として、利益等の資金を日本国内銀行に送金を行うと国税に目をつけられるため、富裕層の多くはオフショアバンキングを利用しています。オフショアバンキングは国際決済カードとセットになっているのが基本で、郵便局やセブン・イレブンのATMで出金が可能です。国内の金融機関に履歴が残らないため、基本的に国税は把握出来ません。

しかしながら、オフショアバンキングの多くは富裕層向けサービスであるため、口座開設のハードルが高く設定されています。口座開設だけで数百万かかるものもあり、庶民には馴染みの薄いものです。

海外FXでは利益を上げても、申告分離課税には含まれないために雑所得扱いになり、高い税金が課せられます。そのため、こういった国際決済を用いたデビットカードをブローカーが発券することには、出金リスクを低減する意義があるのです。また、個人の裁量に委ねられますが、税金の申告をしなくてもバレる可能性は低いと言えます。

これまでもブローカーがカードを発券することは数件ありましたが、InterLink系ブローカーやSevenFXに代表されるLidyarich系詐欺業者やInstaFOREX等の金融ライセンスを持たない無登録業者ばかりでした。
その点ironFXは呑み屋ではあるものの、金融ライセンスを持ち、出金にある程度の実績を持っているため、まともに使える業者としては初の出金カードと言えると思います。

いわゆる「出金専用カード」になるかと思われますが、NETELLER+カードと同じように決済に使えるかどうか、使えたとしても国内ではどの程度の範囲で使えるのかは現段階では不明です。

オレ氏は早速申し込みをしたので、詳細が分かり次第記事にしたいと思います。



ちなみにこのironFX…

ironjcb

ironb

最近になって日本オンリーのクレジットカード会社であるJCBに対応したり、異常なほど高い入金ボーナスを続けており、日本人の雑魚を欲している感がひしひしと伝わってきます。この傾向はどこの業者でも同じでしょうが…。

今であれば低レバレッジで円安に張れば利益が出るかもしれませんが、FXでコンスタントに利益を上げることはとても難易度の高いことです。海外FXは通信距離やサーバーの反応速度等でレイテンシは確実に劣ります。国内のFXで勝てない人が海外FXで勝てるなんてことはありません。

日本は事実業の金融鎖国であるため、海外金融関連情報に疎くなりがちですが、少なくとも国内FXに関してはとてもよい環境が整えられていると思います。
海外FXは、外人のカモにならないためにもしっかり実力を付けてからにしましょう。

キプロスに銀行強盗が入った模様。なお、犯人はユーログループ。(預金封鎖)

【Market Hack】キプロスが電撃的に預金を封鎖、預金者は10%近い銀行残高を「預金税」という名目で失う事に

 欧州連合(EU)がキプロスの財政危機を解決するため、ドラマチックな措置を発表しました。
それによると次に銀行の窓口が開く火曜日の朝まで、同国の電子的なトランザクションを一切凍結し、預金者の資金を動かせなくしたうえで、10万ユーロ以上の現金を預金している個人や企業には9.9%、それ以下の、小口預金者には6.75%の残高を帳消しにするというものです。

100bf78e-s

 名目的にはこれは「預金税」と呼ばれていますが、実質的には銀行の経営危機で預金者の預金が危険にさらされたため、預金者全員が共倒れになるのを避けるため、預金者全員で痛み分けしたというカタチになります。

今回の措置は銀行の乱脈経営のツケを預金者に回したという点で極めて異例です。

欧州連合がその決断を下した理由は、キプロスの銀行の預金の大半はロシアなどから来るオフショア・マネーであり、税金を忌避する投資家をEUの真面目な国民の税金で尻拭いするわけにはいかないという配慮があります。

http://markethack.net/archives/51867091.html



キプロスに銀行口座を持っている方は少ないかと思いますが、FX口座を持っている方は多いと推測します。
もちろん日本とは制度が異なり、キプロスだけではなく、ほとんどの海外FX業者に信託保全はありません。
代わりに分別管理や有名監査法人管理というスタンスで信用を集めている会社が多く存在しますが、これらは投資家にとって何の保証にもなり得ません。



今回の場合、顧客の資金がどこの国のどこの口座にあるかが問題になります。
外資系の銀行もキプロス支店においてはキプロスの政策下に置かれるため、預金封鎖の対象になります。
また、キプロスに本店のある銀行でも口座がギリシヤ支店の場合は預金封鎖の対象にはならない模様です。

以上の点から、FX業者の分別保存先がバークレイズ・BNPパリパ・ソシエテ ジェネラル等の外資系銀行であることが明らかにされている場合でも注意が必要です。

しかしながら、多くのFX業者は、登記やサポートをオフショアであるキプロスにて行いながらも、運営の実態が海外にある場合が多く、一括りにキプロスの業者だから危険ということではありません。
オフショアFX業者は国際金融スキームをよく理解しているはずなので、杞憂に終わればよいのですが。

もっとも、法人税が上がることは確定路線のようなので、サービス低下の可能性は残されます。
今後の入出金が気になるところですが、まずは業者の正式なプレリリースを待つしかないようです。

オレ氏は出金済みですが口座は生かしているため業者にいくつか質問をする所存です。
また何か動きがありましたら記事にしようと思います。

MT4でワンクリック取引が可能になるらしい

【WESTERN Inc.】週末にかけて、メタクオーツ社は、顧客向けに「build #482」をリリースした。
アップデートの花形は、「ワンクリック機能」のMT4への追加だ。2月にMT4で開示されたワンクリック・トレーディング機能 の追加は、実装されるまで、単純に時間の問題だった。


metatrader4_one_click



日本の業者のプラットフォームでは当然のように存在するワンクリック発注機能ですが、これまでMT4には実装されてきませんでした。
正確に言うと、以前は発注用EAの導入や、Xogee社に代表されるMT4関連業者がシステムの穴を突いて実装していたのですが、後者はメタクオーツ社の目に止まり、訴訟を起こされた結果、ほとんどの関連業者が撤退してしまいました。
ユーザーとしては便利であれば何でもいいのですが、システムの穴を突く際に、超えてはいけないラインを超えてしまっていたようです。

また、メタクオーツ社はサーバーサイドのアップデートとしてSTPブローカー機能(MT4サーバーや他プラットフォームとカバーを行う機能)の提供をスタートした模様。
導入は任意ですが、MT4の契約内容や、呑み行為で利益を上げている業者が多いことを考えると、現状では導入する業者は少ないと思われます。

MT4は採用業者の多くが海外業者のためサーバーまでの距離がレイテンシに影響し、滑る印象を持っている方が多いかと思いますが、ソフト面での発注は(VDPが導入されていなければ)国内プラットフォームと大きな差はありません。

今後の展開に注目です。

ブログについて

相場歴9年目・国内某ファンドに所属するオレ氏が純度100%のポジトークと相場ネタを繰り広げるブログ。投資は余剰資金で計画的に。

  • ライブドアブログ